市販 便秘薬 強さ

市販の便秘薬の強さは?副作用で大腸に負担かけてませんか?

市販の便秘薬の強さを知らずに、飲んでいると危険です。

 

ドラッグストアの薬だから副作用はないはず・・という訳ではないです。
あなたの便秘の症状に応じて、便秘薬を使うことが大事です。

 

ドラッグストアの市販の便秘薬は、次の3種類にわけられます。

 

便秘薬の種類 薬の強さ 有効成分 向いている方 詳細
刺激性
便秘薬
強〜やや強い ビサコジル、センナ等 ひどい便秘症の方 →詳細はコチラ
膨張性
便秘薬
普通〜やや強い プランタゴ・オバタ等 慢性的・普通〜ひどい便秘の方 →詳細はコチラ
塩類系
便秘薬
やさしい〜普通 マグネシウム等 軽度の便秘の方 →詳細はコチラ

 

市販便秘薬の強さ・種類

 

刺激性便秘薬

 

刺激性の便秘薬は、大腸を刺激して、排便を促します。

 

便が固め・水分がない・少量の方に向いています(弛緩性便秘)。

 

強い刺激を与えるので、即効性があります。体に合わないと腹痛・下痢が
ヒドイことになるので、副作用には注意して頂きたいです。

 

「ビサコジル」「センナ」と言った成分は、強い刺激を与える成分と覚えておいて頂きたいです。

 

また、刺激性の便秘薬は、体が慣れやすい性質を持っています。
常用していると、便秘薬でないと排便できなくなることや、便秘薬でも効果が出づらい慢性的便秘になりやすいです。

 

刺激性の便秘薬は、あまり頻繁に使わないようにして頂きたいです。

 

そのため、あまり飲み過ぎないようにすることが大切です。

 

 

<ドラッグストアで買える刺激性の便秘薬(刺激性)>

 

1.便秘薬の強さ(刺激性):強め

  • コーラックII(大正製薬)

    コーラックII
    コーラックIIは「ビサコジル」という強い刺激がある成分です。
    ビサコジルは、胃液で溶けず腸内で溶ける腸溶性成分。

     

    強いアルカリ性のため、アルカリ性の食品(海藻類など)を1時間以内に食べると、下痢などの副作用が強まる可能性があります。

     

    また「DSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)」という成分が配合されており、便の水分吸収をよくします。ビサコジルのサポート役の成分です。

  • コーラックファースト(大正製薬)

    コーラック ファースト
    コーラックファーストは、コーラックIIのビサコジル、DSSの成分は同じですが、1錠に含まれる成分が半分になっています。

     

    コーラックは1錠でビサコジル5mgですが、コーラックファーストは1錠で2.5mgです。

     

    便秘薬を初めて使う方、年齢が10代の方は、コーラックIIはキツイのでコーラックファースト1錠の方がよいです。
    11歳未満の方は使えません。

     

  • スルーラックS(エスエス製薬)

    スルーラックS
    スルーラックSは「ビサコジル」「センノサイドカルシウム(センナ)」の2つの排便作用成分が配合されています。

     

    センナは、マメ科の植物から取れる生薬成分ですが、ひどい便秘にも効果が出る強めの成分です。

     

    センノサイドカルシウムは、センナ(センノシド)A・Bの2種類を含む、カルシウム塩。センノシドA/Bは、「プルゼニド」という便秘薬として処方されることがあります。

     

    ビサコジル+センナは、2つとも強めの便秘薬なので、副作用に注意が必要です。15歳未満の方は服用できません。

  • スルーラック・プラス(エスエス製薬)

    スルーラック・プラス
    スルーラック・プラスは、「ビサコジル」「センノサイドカルシウム(センナ)」「DSS」の3つの排便作用が成分が配合されています。

     

    DSSは、固くなった便に水分を与え軟便にする働きがあり、スルーラックSよりさらに効果が高いと言えます。

     

    スルーラックS同様、ビサコジル・センナの成分が強いので、副作用に注意が必要です。

     

    15歳未満の方は服用できません。

     

2.便秘薬の強さ(刺激性):弱い

  • ビオフェルミン便秘薬(ビオフェルミン製薬)

    ビオフェルミン便秘薬
    ビオフェルミン便秘薬は「ピコスルファートナトリウム水和物」配合しています。

     

    ピコスルファートナトリウムは、刺激性が弱く、副作用も少ない成分です。習慣性の便秘薬の依存にもなりづらいです。腸のぜん動運動を促進し、水分を抑え気味で便通改善をします。

     

    ビオフェルミン便秘薬には、ビフィズス菌、ラクトミン(乳酸菌)も配合されています。

     

    強い便秘持ちの方には、少し物足りない可能性があります。11歳から飲める便秘薬なので、便秘が軽度の方に向いています。

     

 

膨潤性(ぼうじゅんせい)便秘薬

 

膨潤性(ぼうじゅんせい)の便秘薬は、腸内に溜まった便を膨らませて、腸を刺激して、排便を促します。

 

膨潤性便秘薬は、慢性的な便秘で便が出づらい方、全般の方が使えます。

 

直腸やS字結腸など、便が溜まっている感じがするときに、使用すると効果が高いです。

 

ただ、お腹が張るとき・痛い時は、少量から始めてみてください。

 

特に、市販薬では、刺激性のある成分(主にセンナ)が使われていることもあるので、注意が必要です。

 

<ドラッグストアで買える刺激性の便秘薬(膨潤性)>

 

3.便秘薬の強さ(膨張性):中〜強

  • サトラックス(佐藤製薬)

    サトラックス

     

    サトラックスは「プランタゴ・オバタ」と「センナ」の2種類を配合した便秘薬です。

     

    プランタゴ・オバタはオオバコ科の植物で、腸内で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激・大腸の反射運動を起こして、排便を促します。プランタゴ・オバタは柔らか目の便を作るので、便が出やすいです。

     

    サトラックスは、プランタゴ・オバタとセンナの2種類が入っています。センナの成分が下痢などの副作用を起こす可能性があるので注意です。

     

    15歳未満の方は使用できません。

     

  • スルーラック・デトファイバー(エスエス製薬)

    スルーラック・デトファイバー

     

    スルーラック・デトファイバーは「プランタゴ・オバタ」「センノサイドカルシウム」の2種類が有効成分の便秘薬です。

     

    排便の働きを良くする「アロエエキス」、肌荒れ防止の「ジュウヤク(どくだみ)」も配合されています。

     

    スルーラック・デトファイバーは、プランタゴ・オバタとセンナの2種類が入っています。センナの成分が下痢などの副作用を起こす可能性があるので注意です。

     

    15歳未満の方は使用できません。

  • コーラック・ファイバー(大正製薬)

    コーラック・ファイバー

     

    コーラックファイバーは「プランタゴ・オバタ」「センノサイドカルシウム」の2種類が有効成分の便秘薬です。

     

    他に整腸作用があるケツメイシエキス、肌荒れ防止のビタミンB6が含まれています。

     

    コーラックファイバーは、プランタゴ・オバタとセンナの2種類が入っています。センナの成分が下痢などの副作用を起こす可能性があるので注意です。
    15歳未満の方は使用できません。

     

 

塩類系便秘薬

 

塩類系便秘薬は、腸内の水分量を増やす使うことで、刺激を少なく便秘を改善します。

 

塩類系の便秘薬は、穏やかに便を排出するために、頑固な便秘には少し物足りないかもしれません。

 

腸の刺激を抑えたい、子供向け、妊婦さん向けのものが多いです。第3種医薬品のものが多いです。。

 

<ドラッグストアで買える刺激性の便秘薬(塩類下剤)>

 

4.便秘薬の強さ(塩類系):小〜中

  • スラーリア(ロート製薬)

    スラーリア ドリンク

     

    スラーリア

     

    スラーリアは「酸化マグネシウム」を有効成分とした便秘薬です。ドリンクタイプと錠剤タイプがあります。

     

    酸化マグネシウムは、腸内に水分を増やし、固まった便を緩やかに排便させてくれます。

     

    腸の負担を少なく排便を促してくれるのが特徴です。

     

    ただ、便秘がキツイ方、慢性的な便秘が多い方は効き目があまりないかもしません。

     

    また、スラーリアのドリンクは、安息香酸Na、エタノール、パラベンといった添加物が入っているので飲み過ぎないよう注意が必要です。
    15歳未満の方は使用できません。

  • スルーラック・デルジェンヌ(エスエス製薬)

    スルーラック・デルジェンヌ

     

    スルーラックデルジェンヌは「酸化マグネシウム」を有効成分とした便秘薬です。

     

    酸化マグネシウムは、腸内に水分を増やし、固まった便を緩やかに排便させてくれます。

     

    小児用5歳以上、妊婦さん、軽度の便秘の方に向いています。

 

私の便秘体験談

 

ドラッグストアでは購入できない便秘薬も多くあります。

 

私はヒドイ便秘症で、数多くの便秘薬を試しました。なかなか自分にあう便秘薬ってないですよね・・。

 

そこで中でも、私が便秘改善に役立った便秘薬をご紹介します。便秘の状態・体調に応じて、お試ししてみてください。

  • プランタゴ・オバタ、食物繊維による便秘薬:

    慢性便秘に悩まれている時はプランタゴ・オバタを試してみて頂きたいですね。→詳細はコチラ

  • オリゴ糖による便秘の改善:

    妊娠中など体に負担をかけたくないときは、オリゴ糖がいいです→詳細はコチラ

  • ダイエット中・食が細い方:

    ダイエット、食事量が少ないと、便が出づらくなります。
    低カロリーの食事をできるだけ毎日3回取るようにしてみてください。

 

毎日スッキリ!で、便秘を気にせず、ストレスがない日々をお過ごしくださいm(_ _)m