便秘 食物繊維 種類

便秘のいい食物繊維の種類|間違った取り方してませんか?

 

 

便秘に良い食物繊維の種類をご存知ですか?

 

食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維が存在します。

 

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい食物繊維で、
セルロースなどのレタス・キャベッツなどです。

 

水溶性は、水に溶けやすい食物繊維で、
昆布やワカメに入っています。

 

便秘に良い食品として食物繊維を取るときは、サラダに代表される、
不溶性の食物繊維を多くとりがちになっています。

 

不溶性の食物繊維は、水に溶けないので、
便が硬くなり、お腹の張りがつよくなり、便秘を悪化している可能性があります。

 

食物繊維を取るときは、不溶性:水溶性=2:1で
摂ることがポイントです。

 

玄米食中心の方は、水溶性食物繊維の不足により
便秘が悪化している場合も。

 

水溶性食物繊維だけとっても、不溶性食物繊維だけとっても
良くなく、バランスよく取るのがいいのです。

 

食物繊維の種類と働きを知って、
便秘解消をして頂きたいです。

 

<食物繊維の4つの働き>

 

食物繊維は、
保水性・粘性・吸着性・発酵性の4つの働きにより、
便秘の解消に作用します。

 

保水性

 

水を含む性質のことで、便のカサを増す効果や
便の軟化作用があります。

 

粘性

 

水に溶けると、ゲル状になる性質。

 

ペクチンやグルコマンナンが
粘性を持つ代表的な成分です。

 

血糖値の上昇を抑制する働きや
血中コレステロールを下げる効果を持っています。

 

吸着性

 

コレステロールや胆汁酸、 食品に含まれる有害物質を
表面にくっつけて便と共に排泄させる性質。

 

発酵性

 

食物繊維は成分の一部が大腸の善玉菌に分解され、
短鎖脂肪酸に変わります。

 

短鎖脂肪酸の中の酪酸は、大腸の働きを高めてくれる
エネルギー源になります。

 

食物繊維を摂ることで酪酸が多く生成されるため、
大腸の環境が良くなって、全身の免疫力が高まります。

 

これら4つの働きは、不溶性と水溶性の両方が
合わさることによって、初めて機能します。

 

便秘を根本的に解消する方法はこちらへ