便通 良い 悪い 違い

便通が良い人と悪い人の違いは?勘違しがちな習慣とは

便通が良い人と悪い人は、大きな違いがあります。

 

同じような生活をしているようで、便通が良い方・悪い方で差が出てくるのはナゼでしょうか?

 

最近の腸内環境の研究により、違いが分かるようになってきました。

 

そこで、便通に悪い生活習慣と良い生活習慣についてご紹介します。

 

食物繊維→「水溶性食物繊維」を食べる

 

便が腸内にたまっている時に、やみくもに食物繊維を取ると、かえって便が詰まりやすくなります。

 

食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。

 

水に溶けない不溶性食物繊維を食べると、新しく便を作る働きがありますが、腸に便がさらにたまってしまうことが分かっています。

 

食物繊維の代表とも言える野菜・果物などは、水に溶けない「不溶性食物繊維」なんですね。

 

便通が悪い時は、水溶性食物繊維を取ると、腸内で程よい便のかたまりを作ってくれます。すると、便通が改善することが多いです。

 

水溶性食物繊維には、ワカメ・コンブなどの海藻、しいたけなどのキノコ類がオススメです。

 

便秘薬・便秘茶→飲まない

 

便通が悪いと、便秘薬や便秘茶など腸を刺激するものに頼ってしまいがち・・。

 

ですが、腸を刺激する薬を使いすぎると、自力では腸が動かなくなって、薬がないと出なくなります。

 

自分で腸内の便を出すことができなくなってしまうんですね。

 

便秘薬の成分が、アントラキノン、センナ(センノシド)などは、大腸刺激系です。

 

便通が悪くなったり良くなったり、繰り返すような方は、あまり飲まないほうがいいです。ずっと便通が悪いヒドイ便秘の方は、便秘茶などで便通を改善しながら、量を減らしていくほうがいいです。

 

毎日のように、センナが入ったお茶を飲んでいると、便通は改善しますが、お茶を止めた途端に出なくなるので注意です。

 

ヨーグルトは朝→夜に食べる