危険 便秘薬

危険な便秘薬飲んでませんか?一時しのぎの便秘対策はやめましょう

便秘に悩む女性

 

1週間以上も続く便秘は、なかなか改善が難しいモノ。

 

便秘が長引いてしまうと、便が硬くなって痔になったり、
肌荒れの要因にも繋がります。

 

便秘が長引いている方は、
無理せず薬の力を借りて改善を促すことも大切 。

 

しかし、安易に市販薬を長期服用すると、
腸の活動が盛んになるため、自力排便が難しくなります。

 

便秘薬を用いる場合は、医師の診察を受けた上で
自分に合った便秘薬を処方してもらいましょう。

 

また、便秘薬には様々な種類が存在します。

 

どのような薬があるのか、ご紹介していきます。

 

 

酸化マグネシウム

 

浸透圧性の下剤です。

 

腸内に水分を引き込み、
便を柔らかくすることで
便の量を増やしていきます。

 

比較的副作用が少なく、
クセになりにくいのが
特徴です。

 

センノシド(センナ)★長期使用は危険

 

大腸に刺激を与える下剤です。

 

生薬に含まれている物質が
大腸を刺激することにより、
腸の活動を助けます。

 

長期服用すると、
便意が起こらなくなるという
副作用があるとされています。

 

ピコスルファートナトリウム

 

腸内細菌の作用で活性化し、
大腸の活動を活発にします。

 

また、腸管からの水分の
再吸収を阻害する効果で、
排便を促進させます。

 

この薬による副作用は、
ほとんどないと言われています。

 

炭酸水素ナトリウム(坐薬)
無水リン酸第二水素ナトリウム(坐薬)

 

発泡性があり、直腸に挿入すると
二酸化炭素が発生します。

 

この二酸化炭素が直腸を刺激することで、
排便反射を起こさせます。

 

便が硬くて排便が困難な時や
いきむことができない場合に用いられる薬です。

 

副作用もほとんどないと言われています。

 

グリセリン(浣腸薬)

 

浣腸薬に用いられます。

 

便意を感じているのに
便が硬くて出せない時や
いきめない時に使用します。

 

こちらも副作用は、ほとんどないとされています。

 

自然で安全に便秘解消する方法はこちら